T23へFedora11をいれる

話が前後してしまいましたが、再生T23にはFedora11を入れて使っています。これは導入時のお話。

インストール前にLiveCDで動作確認しましたが、”遅い・・、遅すぎる”。 マウスポインタが動かす度に消えてどこにいくか操作できない、ウィンドウが出てくるまで時間がかかりすぎる、などなど。 まるで286機でWindows3.1を動かしたときみたい(古い例えで申し訳ない)。

Fedora10では問題なさそうなので、設定の問題としてインストール敢行。インストール終了して再起動させるも、LiveCDの時のような遅さ。実使用には耐えられないのでいろいろ調べてみると、

  • Fedora10では特に問題無し。
  • 同CPUを積む他機種はFedora11がそこそこ動く
  • なぜかXorgのCPU使用率が常時90%以上。

SavageドライバとDRIの組み合わせでパフォーマンスが悪化するとの情報があったので、xorg.confでDRIをDisableにすると、・・・動くようになりました。下記のようにDriverセクションを修正しています。

Section “Device”
Identifier  “Videocard0”
Driver      “savage”
Option      “HWCursor” “on”
Option      “ShadowStatus” “on”
Option      “DRI” “off”
EndSection

CPUがP-3M 1.13Gですのでそれ相応の速さですが、取りあえず使用可能な状態になりました。

T23再生計画 その2

HDDアダプタはヤフオクで落とすよりも、安価に入手出来ました。SXGA用のLVDSケーブルは、ヤフオクで中古を入手しました。送料込みで600円でしたので、良としますか。

さて、パネルとLVDSケーブルが入手できましたので、パネル交換に挑戦です。

パネルまでのバラし方は、レノボのサイトで参照出来ます。パネル取付用ヒンジは共通でしたので、そのまま置き換え可能でした仮止めしてPower/Onして、無事に点灯することを確認、本組します。

OS(Fedora11)のツールからはSXGA+へ自動で認識はしませんでした。まあ、xorg.confを書き換えることで、問題なく使用できますので特に気にしませんが。

やはりSXGA+はいいですね。気分的にXGAの倍になった気がするほどデスクトップが広くなります。

これで、T60の予備機として使用出来そうです。

T23再生計画 其の1

ヤフオクでジャンクのThinkPad T23(2647-4ME)を安価で入手しました。

到着後に機能を調べましたが、特に問題なさそうなので再生させることにしました。

とりあえず欠品のHDDマウンタをeBayから入手です。また、同じくeBayでSXGA+のパネルモジュールを安価で入手出来ましたので、入換え予定です。

現在、160GBのHDDを裸で入れて、Fedora11で運用していますが、パフォーマンス的に取りあえず実使用に耐えられそうです。

Server機の切替え

一昨年からサーバとして運用してきたThinkPad T42ですが、再起動時にうまく起動できない状況となっていましたので、この度ヤフオクで購入のThinkPad T60へHDDリフレッシュを兼ねて切替えることにしました。

T42からT60へHDDのデータコピーでほとんどはOKでしたが、udevが決めるHW構成でネットワークをうまく認識せず苦労してしまいました。結局udevの構成ファイルから旧HW情報を削除するだけで良かったのですが・・。

ちょっと処理が早くなって、良かったかなと思います。

ちなみに海外出張時に同行させるプライベート用のマシンもT43からT60へ切替えました。4:3画面最終機を安価に手に入れることが出来ましたので。これに64bitのLinux(Fedore11 for x86_64)を入れて試用中です。

懐中時計

懐中時計です。

精工舎(現SEIKO WATCH Co.Ltd)の19セイコーですね。

OHしていただいた時計師さんによれば、1940年代のものとのことです。

19セイコー

新年あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。 旧年中お世話になった方々には心よりお礼申し上げます。

昨年は出張が多くて身体的に疲れました。出張で行くと観光する気分にもならないし。というか、そんな時間無いですから。

最近は厳しい状況ですが、来年は景気良くいきましょう!

2009card-3

何処の国のお金だか分かるかな?

正解の方にはチョコレート差し上げます。(3ヶ月程放置していましたが)

choco

フィルム一眼レフ

デジタル一眼を使っていると、時たまフィルム一眼で撮りたくなります。フィルムの場合、フレームやフィルム特性に合わせた露出補正など、いろいろ考慮して撮るところがおもしろくて好きです。

canera_f6

F10へ更新(3)

次はサーバのシステムをF10へ更新。問題無く終了・・といきたかったが、色々問題発生しました。

・preupgrade後の再起動で、configファイルが無いとのエラーが出てDLやり直し。

・その後にyumでupdate後の再起動でgrub stage2のメッセージが出たままとなる。Rescueでgrub-installを行う。

・kernelパッケージが中途半端にupdateされていたので整理して修正。

ついでにWordPressも更新。これはrpmでなくてサイトから落としてきたものを使用。サーバ系は特に大きく変更されていないので設定は流用でいけるはず。

F10へ更新(2)

メインで使っているノート(Thinkpad T60)をpreupgradeを使って更新。

今までradeonではなくfglrxドライバ使っていたので、xorg.confを修正か削除しておく。F10でfglrx使うにはかなり面倒。drmデグレとinitrd再構成が必要になる。純正ドライバはちょっと遅いけどゲームするわけでは無いから良いか。

F10への更新は、preupgrade後に再起動し、yum updateで最新パッケージを適用、最後にsylpheed、xineを再コンパイルして、問題なく終了。ath9kドライバは正しく認識され、11abgネットワークを拾えるみたいですね。もうmadwifiから乗り換えても良いかも。ちなみにT43に入れているath5kドライバはなぜか5GHz帯が使えず、未だにmadwifiを使っています。